宇宙空間











宇宙空間のような絵を描きました。
線に金属感を出して、幾つか重ねて描きました。

その線の上に幾つかの色をぼかしてのせて、
色味も持たせました。

小さく横に伸びたような図形が見えると思うのですが、
パソコンのマウスを操作中に横に引っ張りすぎましたが
かえってそれが、星などが瞬間的に移動した様を
表しているようにも見えて面白かったので
そのままにしました。


ボーっと眺めて頂けたらと思います。

絵を縦にしてみたら、スタイリッシュになったので
こちらも合わせてご覧ください。









最近は、油絵も描いています。
いつかご紹介できたらと思っています。

京都2






京都2




もう一枚京都で感じたことなどを描きました。
整然と並ぶ道路や、お庭の静寂とした石の配置、
広い空に浮かぶ雲・・・などを想像しながら描きました。

図形の配置具合がちょっとポップな感じもするなと
思いました。

ボーっと楽しんで頂けたらと思います。

京都












先日、京都を巡りました。
短い日数で少ない数の寺院を巡りました。

見慣れたはずの場所でもやはりどこか
京都へ来ると落ち着くとか、懐かしいと思ったり、
やはり好きだと感じることが多かったです。

絵は、それらの雑感を図形化し、さらに分解をして
仏閣をイメージして図形を組みなおしたものを
合体させて一枚の絵にしました。

合体というか、それらを重ね合わせて
心地よく感じる部分で作業を止めて作りました。

前者が上部、後者が下部の図形の固まりです。

これからきっと紅葉の美しい季節になりますね。

どこか不思議な感じのするところを
感じて頂けたらと思います。

雨の木






雨の木





散るように降る雨を、木の葉に見立てて絵をまとめました。
頭にまず浮かんでいたのは、散り散りの図形です。

それらの小さな粒のような図形を群としてまとめて見ると
雨の花火のようにも見えるかと思います。

右下の図形の固まりで木の幹などを表しました。

ほのかなおぼろげな絵を黒い背景にしてより際立たせました。







水



 

最近は、雨が多く降っているので水を描きました。
右上の円とそれを取り巻くグラデーションの雰囲気は
頭の中にあったものを描きだしました。



拍手などありがとうございます!!!

 







涼





今の猛暑の中で、涼を感じられるような
色の円を並べて絵にしました。

上下をひっくり返すとあの今が旬の果物になります!

丸は、Inkscapeの発光描写機能を用いてほのかにぼかし、
それらに呼応するような長方形を配置しました。

ボーっと見て頂けたらと思います。





果物は、これですね。





コメントなどありがとうございます!!!!!

作用








作用






作用を及ぼすものは、人や物や自然やいろいろあるな
とういうようなことを考えていて描きました。

ぼやけた円などを、適度な位置に配置したり、
白黒のバランスを考えるのが面白かったです。

宇宙の屑音


















最初に図形が白く固まっている部分を描きました。
そこから黒を背景にして雲のような部分を描き絵をまとめました。

久しぶりに闇を彷徨うような絵になったので
宇宙のような、
不思議な雰囲気のある絵にしようとしました。

雲のような部分はInkscapeの水彩画描写機能を、
淡く白く光る部分は発光描写機能を用いました。

暑い日の中でも、
こうした雰囲気の絵は涼やかでいいかもしれませんね。

灼熱温度計







灼熱温度計






今年は、熱中症を気にしだすのが早いくらいに
暑い日が続きますね。

そんな暑さを表すような色味のある
円や正方形を並べて描きました。

最後の背景色を決める際にも
なるべく暑い感じがでるよう色を選びました。

暑さには、水分を多めに取って対策したいものですね。

地震のあとで











先ほどやや大きめな地震がありました。
最近は地震も火山噴火も多くて
大変心細い日が続いています。

絵で安心なんてできれば良いのでしょうが
なかなか難しいかもしれません。

しかし、何かで気分が落ち着けたらと
思い安心感などを思いながら描きました。

動画も一応撮ったので
今度、掲載するかもしれません。





整列






整列





個々の意思に関わらず、整列をした瞬間の図形を描こうと思いました。

これから整わなければいけないという張りつめた感じ、
個々のものが元々持っている響きなどを
ギュッと集めた絵を描きたかったです。
どことなく図形の並べ方や表情がそのあたりを表せていたらと思います。

動画:葉書に図形を描く











描き終えた葉書を見ていたら可愛らしく思えてきたので
葉書にペンで手書きをした動画を載せてみます。

どうしてそんなことをしているのか、
どうしてそこにそれを描くのか・・・などと考えたり、
逆に何も考えずに見て頂けたらと思います。

こういうのを見てゆっくりお酒を飲むバーなんかが
あったら面白いなと思います。
 







治





















 
頭の中にあった、四角形と黒や白の濃淡の図形を描きました。

四角や丸から吹き出している三角形で
何かを治しているような状態を表しました。


何かを描いて表すのは面白いなと改めて思いました。


 

丸だけ

丸だけを描きました。
リラックスして何も考えず見られたらと思います。

スケッチブックに、ペンで描いた動画です。
久しぶりに手描きをしたので面白かったです。

試しに動画に音楽も後付けしました。

絵の描き終わりと音楽がマッチして面白いなと思いました。
どうぞご覧下さい。


Make





Make






化粧筆や、化粧をする時の気分を表しました。

右上の赤い大きな丸は、魂、人間の核の中心部を表しました。
必ずそれに由縁があるだろうということを感じたからです。

絵全体を見て、ウキウキする感じや楽しさなどの
動きが表れていたらと思います。

Inkscapeの発光や、金属のリッジ、クロススムーズの
描写機能を用いて描きました。




先日は、動画等への拍手ありがとうございます!!
記事すぐ下の、commentsからでも簡単にコメントできますのでお願いします!

秒針







秒針



時間の移り変わりを図形を使って表現しました。

頭の中に、緑色を帯びた円を使って表したいという思いがあったので
そこからイメージを膨らませて絵を描きました。

絵の縁は、時計の額を表そうと、丸みのある四角形にしました。

丸三角四角の図形がほどよく響き合った絵になっていたらと思います。





聴



聴く前の状態を絵にしました。

左は聴く内容と見立て、右は人物。

聴く内容が良いか悪いかは未知数、そんな絵です。



ブログをご覧になって下さりありがとうございます!!






目





目は、きれいだとか美しいとか、美味しそうとか
色々な情報を与えるもので、
今までどれだけの情報や感覚を与えてきたのだろうという
思いを描きました。

白黒の無機質な感じがふさわしいかな、と思い
色や模様はあまりつけないことにしました。

最近は、ファッションやメイク、ヘアスタイルなどに興味を
持ち始めていて、そうしたものでも自分を表現していいんだな
なんてことを感じながら生きています。
拍手などありがとうございます!!!

時の刻






時の刻




時の流れを五線に、そこへ流れる自分たちを色や形に表して
五線譜の上に載せました。

花のように見える図形の部分は、Inkscapeのラフとつや
という描写機能で描きました。

最後に絵のバランスを考えて絵の向きを決めました。
その際、少し生け花を生けるような感覚で仕上げました。

最近は、本を読んだり、服に興味を持ったりしていました。

絵の本では、カンディンスキーの本なども読みました。
身に沁みる言葉がたくさんありました。


久しぶりの更新になりましたが、拍手などありがとうございます!!!

記憶の絵










最近は、本なんかを読んでいます。
割と活字が好きらしく、本も好きな自分に気づきます。
そんな日常の記憶にとさらっと図形を描きました。

放っておけばどんどん図形を描いてしまいそうなところで
あえて手を止めた物を掲載してみました。

基盤2





基盤2





今日は、昨日に続いて基盤のようなものを描きました。
線や図形を描くのが面白くてしばらく描いていたくなります。

基盤ぽく、背景は緑色にして線は金属の感じを出しました。
作成動画も編集予定です。

いいね!などありがとうございます!!!!!

基盤





基盤




Inkscapeの線の描写で、直線直角でしか描けない
ように線を設定して描き、図形を散らばせて絵を描きました。

このように描くと、とてもスッキリとした図面のような絵を
描くことができます。
また、昨日は線と図形の組み合わせが
雪の結晶と似通っていると述べましたが
今日は、こうした電化製品の基盤にも似ているなと思いました。

基盤をみると、どこかワクワクすることがあるので
やはり自分は線や図形物に親近感が沸くのだなと再確認しました。

絵では、金属のリッジ機能で線や図形を描きました。
無機質な雰囲気を出すために、線と図形の配置が込みすぎないに
バランスを考えて配置しました。











雪が降っていたので、その光景を描こうと思いました。
金属を思わせるような描写機能で線を描いたり
黒の中での白色でそのあたりを表現しました。

雪の結晶と言うと美しい図形的なものを思い出しますが、
そのせいか、図形と雪の相性も良いように思います。

鈴の音のような音が、どこかしらから聴こえてくるような
絵にしたかったです。

図形のある風景





図形のある風景





描きたい図形を表したい表情で表してから
図形を配置して絵をまとめました。

太陽や山と感じられるものがあったので
自然の風景としました。

風景を見ると、何もかなわないなと思うほど美しく感じる時が
あります。それでも絵を描いているのが不思議だなとも思います。

絵は、Inkscapeのマーブルや発光、
金属のリッジ、タータンなどの
描写機能を組み合わせました。

全体的に、空白をたっぷりとったえにして絵がまとまるようにしました。

いいね!などありがとうございます!!!

 

宇宙玉転がし



宇宙玉転がし




最近世界で何かとあぶなっかしいことがある中で、
自分自身は宇宙の塵のひとかけらというのをややもすると忘れがちで、
目の前のことしか考えなかったりする自分がいます。

自分を見つめ直させられるな、
なんてことを考えながら絵を描きました。

私は昔から、玉転がしのおもちゃが好きで
銀の玉を迷路のような道を転がすのが好きでした。
それをイメージしながら絵をまとめました。

絵は、Inkscapeの発光やマーブル、
金属のリッジ描写機能を用いて描きました。

いいね!などありがとうございます!

絵の本

カンディンスキー著作集 1 
芸術における精神的なもの 

西田秀穂/訳


カンディンスキー研究
非対象絵画の成立--その発展過程と作品の意味
西田秀穂/著


を図書館で借りました。怠け者なのできちんと読むかわかりませんが・・・
ちょっと距離を置いていた画家さんなのですが、
丸三角四角について、この形にはこの色だとか、図形への配色によっては
こう感じるものだとか、様々な研究もされていると
ネットで散見したので眺めてみる気になりました。


自分としては、気付くと図形や線を使って絵を描いていたように思います。
人に言えないことや、感じたこと、ストレス発散など理由はあるにせよ、
スケッチブックをめくると、図形を描いた絵がどんどん出てきます。

なんとなく、それらを見ると、あ〜わかると思ったり、
これは図形のバランスだけを特に考えて描いた物だなと
いろいろに感じることがあります。

保存上、このブログにパソコンソフトで描いた絵を掲載すれば
すぐに見返せるし便利と思っていました。


いろいろ書きましたが、またのんびりブログも続けていけたらなと思っております。


また、このブログにある絵や動画のように、
線や丸三角四角を描いていると
なんだか心が落ち着くとかリラックスできるとか、
動画を見ていると、何が描かれるのか見ていて楽しいなどと、
感じて頂ける方がいるのではないかなという思いが
描くことやブログを続ける気持ちを後押ししてくれています。

では、みなさん今日も素敵な一日を。

動画『変化』










定規を使って描いてみました。
定規を使うのは面倒なのでフリーハンドの絵を
その後は何枚か描きました。

しかし、定規を使うと安定感が増すので絵としては
魅力的な要素も多々あるなと思いました。

左右の図形に変化を出して、テーマの変化を表そうとしました。


動画 『図形おもしろ』






たくさん図形を描いて面白い雰囲気の絵にしました。
4Bの濃い柔らかい鉛筆で描いたので、図形も描きやすく
色も塗りやすかったです。

手に鉛筆の黒い部分が付いてしまうので
消しゴムを近くに置いて作業しました。

動画『現在地』







鉛筆でスケッチブックにのびのびと描きました。

HBの鉛筆なので結構力が必要でした。
鉛筆の濃淡も少し表せているかと思います。

ペンで手書きする動画撮影しました







試しに、ペンで絵を描く様子を動画にしてみました。
描く順番がわかったら面白いかなと思ったからです。

絵は、雪が降っていたので
ぽつぽつと図形を描いた部分も作ってあります。

小さなスケッチブックに、
メモを取るのに使うような0,5mmのペンで描きました。

途中、大きな図形を塗るために太いマジックも登場します。


こんな絵が、気づいたらスケッチブックにいっぱい描いてあって
段々ブログに絵を掲載するようになったことを思い出しました。


プロフィール


カテゴリー

こちらもどうぞ

スケッチブックの絵 小
スケッチブックの絵
涼しい日 小
涼しい日

最近の記事

過去の記事

このブログ内で検索

最近のコメント

ランキング参加中です!



ブログランキング・にほんブログ村へ

ページランキング

リンク

mobile

          


ブログパーツ